シロアリ対策は早めが肝心!家にもたらす厄災をチェック

シロアリを放置すると大惨事に見舞われる シロアリを放置すると大惨事に見舞われる

シロアリの被害は酷くなると大変です

芝生

木や植物が多い庭はおしゃれに見える反面、シロアリを引き寄せやすくなります。一度侵入を許してしまったら、家にもたらすトラブルが深刻化してしまいます。家を守るためには、迅速なシロアリ対策を施すのが重要です。

シロアリの被害に遭った人々

まさか内側がやられているなんて(30代/女性)

シロアリ被害は、床下や壁だけだと思っていました。しかし、丈夫な柱や床束まで空洞だらけになっていたので驚きました。事前の調査で柱や床束がボロボロになっていることが発覚。業者の人に「このまま放置していると、倒壊の危険性が高くなる」、また「ガーデニングの花への影響もあるかもしれない」と言われました。今回のシロアリ駆除依頼で、自宅の安全性を高めるためには十分な防蟻対策を施す必要があると深く痛感しました。

ただの虫と侮れない(40代/男性)

自宅の室内で、シロアリをたまに見かける程度だったから、いつでも対処できると思って放置してしまいました。ある日、ちょっとしたボヤが起きたので、すぐに消火してから業者に原因を調べてもらいました。そしたら、シロアリの食害が原因だったと言われたので、放っておくのではなく駆除をすればよかったと後悔しました。家が大惨事になる前にシロアリを屋内で見つけたら、すぐにシロアリ対策を施すのが重要だと気付けました。

家を食い荒らすシロアリを放置しておくと、家の耐久性を下げるだけでなく、漏電による火災などの大惨事を引き起こす原因を作り出します。食害の被害が深刻化する前に、早い段階でシロアリ対策を行ないましょう。

これがあったらシロアリ対策業者に連絡

ガーデニングをやっていると、シロアリを見つけることがあります。しかし、見かけたからと言って、家に被害を及ぼしていない可能性もあります。こちらでは、シロアリの被害に遭っているかの判断方法を紹介します。

見るべきチェックポイント

  • 大量に虫の羽を見かける
  • 壁などに土の塊がついている
  • 俵型をした虫のフンが多く落ちている
  • 木くずや粉のようなものを見かける
  • 家に小さな穴が見られる
傷んだ木材

チェックポイントで、何か心当たりがあるものがあったら、すでにシロアリが家の内部に侵入している可能性が高いです。早い段階でシロアリ対策業者に相談して、家の内部に潜んでいるか調べてもらいましょう。

家の内部まで見逃しません

シロアリの有無調査では、ターマトラックという電磁波を使った調査を行ないます。ターマトラックとは、目視で確認しにくい壁・床・柱・土間の内部を電磁波の反射で詳しく調べられる方法です。壁や床下などに潜むシロアリの個体は勿論、作られた蟻道の有無も調べられます。従来の調査方法のように、壁や床下を工事で開いて目視で調査しなくて済みます。複雑な構造をしていて地面から近いため、床下に潜れない場合にはターマトラックは役立ちます。

TOPボタン